suztomoの日記

To be a good software engineer

パティさんの嫌いな言葉

"Powerful: Building a Culture of Freedom and Responsibility" (Patty McCord著)の本の読書記録です。爆発的成長を遂げたNetflixの人事をやっていたパティさんがCulture Deckに書いてある事を、具体例を交えて振り返ります。一般に良いとされているものがNetflixのような成長企業では役に立たなかったりより良いやり方があります。この本は本文中でも言及されているReedさんのCultureのプレゼンテーションのより詳しい解説本として読めます。https://www.slideshare.net/mobile/reed2001/culture-1798664

本文中にパティさんが嫌いな言葉がたくさん出て来るのでそのメモです。

 

Empowerment

人々は”既に”力を持っている。会社の目的に使える力を持つ人を集めて最高のチームを作るのがマネジメントの仕事。会社は従業員に機会を与えるが、それは会社の目的を達成するための方法の一つ。外から人を雇う時が早いならそうするべき。

 

A(-rated) Player

ある会社にとっては優れたスキルセットでも別の会社では役に立たないこともあるし、会社の成長フェイズによっても異なる。

 

Policy and Procedure

でもDisciplineは大切。上記のCulture Deckにマッチする人達と働くことが大切だった。

 

(従業員を指しての) 家族

会社は家族ではなくプロスポーツチーム。雇用は従業員と会社のマッチングなのでそれが終われば去ってもらう。家族ではないが、この文化が共通であれば会社を去ったあとも良い関係を続けられる。

 

ボーナス

ボーナスがあろうがなかろうがしっかりした人はしっかり働くのでボーナスは意味がない。優れた人達と問題を解くことが従業員の最高のモチベーションとなる。ちなみにNetflixでは定期的に他の会社の面接を受けて自分の市場価値を知ることを従業員に勧めている。

 

Engagement

人事はrelationship therapyとしてマネージャと従業員に入るのではなく、マネージャーがきちんとコミュニュケーションできるように鍛えるべき。

 

 

はじめてのプログラミング

初めてプログラミングをやったのは中学生の時にExcelに数式を使ってカレンダーを作る授業の中だったと思う。あるセルに月と年を入れると、5x7のエリアにその月のカレンダーを表示するExcelのシートを作るというものだった。これは技術の授業の一課題だった。今考えるとこんな課題を見ることができる教員も稀だったと思うが自分の通っていた公立中学校には田中先生という数学の学位を取ったばかりの先生がいて、彼がif分や割り算などをExcelの数式として教えてくれたおかげで課題を解けた記憶がある。当時はプログラミング言語というものすら知らず試行錯誤して終えたExcel課題だったが、今考えると、入力(年と月)を受け取ってカレンダーを出力として表示するというプログラミングの第一歩だった。

次にプログラミングに触れたのは大学の学園祭実行委員会だった。

この学園祭実行委員会は今考えれば随分とIT化が進んでいて学園祭の企画(模擬店やバンド)の代表者は学園祭のウェブサイトからユーザー登録をして、自分の企画を登録して、紹介文を編したり、実行委員会と参加者メッセージよやりとりをしたりといっぱしのウェブサイトを持っていた。

新入生は各々の興味があるチームを選んで参加する。自分はパソコンが好きだったのでそのウェブサイトや企画登録システムのメンテナンス係を選んだ。

ウェブサイトレンタルサーバーLinux, Apache HTTP Server、MySQL、バックエンドはPerlで書かれていた。なのでPerlが最初に学んだプログラミング言語になった。当時の先輩方に色々教えてもらいながらPerlを学んだ。

ちなみに、不思議なもので40人ぐらいいたこの学園祭実行委員会のうち1/3ぐらいの人はSQLを(select文のみ)知っていた。模擬店テーブルからガスを使うものを選び、企画責任者テーブルとJoinしてメールアドレスの一覧をCSVで取得するselect文が日常的に、特に情報を学ぶわけでもない大学生によって書かれていた。道具に人間が最適化される良い例だ。

このPerlの経験でプログラミングの楽しさを気づき情報科学科に進学したのだがそこで学んだものはウェブサイトを作るプログラミングとは全く違うもので苦労した。。。 

しかしアメリカに渡れたのもPerlを使えたからだし塞翁が馬である。

 

 

 

 

日本に一時帰国する時に便利な公衆Wifiアプリ

TRAVEL JAPAN Wi-Fi by Wire and Wireless Co.,Ltd.https://itunes.apple.com/us/app/travel-japan-wi-fi/id935204367?mt=8

確かWi2という名前のWifiに繋ぐことができます。アメリカのApp Storeでダウンロードできます。

 

Japan Connected-free Wi-Fi by NTT Broadband Platform, Inc.https://itunes.apple.com/us/app/japan-connected-free-wi-fi/id810838196?mt=8

これがあるとメトロやJRの大きな駅にあるWifiにすぐ接続できます。

 

その他

旅行者用Simはいつか試してみたいです。

Softbankの旅行者用のWifiは日本にいる時に動く携帯電話が必要なようで使えなかったです。

T-Mobileなら海外でも使えるらしいですが、毎月の料金が少し高いです。

アメリカでよくある犯罪

日本と比べて犯罪に巻き込まれる入り口がアメリカにはたくさんあります。気をつけましょう。在ニューヨーク日本領事館がやっているパークアベニュー299というメールを購読すると傾向と対策を教えてくれます。

 

詐欺電話

英語で、"マイクロソフトですがあなたのアカウントがウイルスに感染しています"、"宝くじに当たりました"、"IRSです。税金のことについて連絡があるので..."、などといって個人情報やクレジットカード番号を盗み取ろうとします。人間だったり自動音声だったり色々なバリエーションがあって困ってました。自分はWhoscallというiPhoneアプリを入れて詐欺ぽい電話(Scam likeyと表示される)は取らないようにしました。

 

クレジットカード不正利用

日本に住んでいた時は一回もなかったのに、2年目の夏に自分のChase Freedomカードがやられました。雑貨屋で(身に覚えのない)$65の買い物を何者かが使った時にChaseの詐欺発見プログラムが自動的にカードを止めてくれました。クリーニング屋にカード登録した数週間後だったのでそこが怪しいと思いそのクリーニング屋は現金決済にし、以降クレジットカード不正利用には会っていません。クレジットカードが利用されたらメールやSMSを受け取るようにしています。

 

電気屋

マンハッタンにはお土産屋と電気屋がくっついたような店が沢山あります。いくつかのところは不良品を売って返品対応しない悪どい商売をしています。例えば https://yelp.to/qTKq/iihpT9Hm9I Yelpを見るにこのお店は数年前から黒に近いグレーをやってる老舗のようです。

 

白タク

悪徳タクシーに乗ってしまうと変なところに連れていかれて高額の請求をされます。空港で向こうから声をかけてくるタクシーには乗ってはいけません。

 

強盗

怖い話を時々聞くのでドアマンが常駐している集合住宅に住んでます。今のところ安全に暮らしています。周辺の怖い話はこのTwitterアカウントをフォローして観察してます。 https://twitter.com/nj_nyc/status/944663752707801088

 

 

 

 

 

 

アメリカのクレジットカード

アメリカのクレジットカードはポイントがいろんな方法で貯められるので楽しいです。さらにクレジットヒストリーがFICOスコアという数字で表されて、クレジットヒストリーの長さやクレジットカードの利用金額が影響します。FICOスコアが少ないとクレジットカードを申請しても落とされることがあり、また申請すること自体がFICOスコアを下げる原因になります。ゲーム性がありますね。ここに僕が使ってるカードのメモを貼っておきます。

 

Premio Card

アメリカに着いて最初に手に入れたカード。日本に住んでた人なら日本のクレジットヒストリーを使って申請できるカードの一つ。似たようなカードにANAのものとJALのものがあるけれど、Premioだけは年会費無料。ただしポイントはつかない。

 

Chase Freedom Card

四半期ごとにカテゴリーが割り当てられて、そのカテゴリー内ならば5%のポイント。年会費なし。メインの銀行がChaseなのでChaseの支店に行ったら申請の前に通るかどうか教えてくれたので落ちるリスクなしで申請。

 

AmericanExpress Blue Cash Everyday Card

Grocery Storeで3%貯まるカード。年会費なし。たまに割引やってるお店が近所にあってアプリで探せる。

 

Citi Double Cash Card

なんでも2%貯まるカード、年会費なし。Virtual Account Numberはセキュリティにお金かけられなさそうなウェブサイトで買い物する時に安心。

 

Uber Visa Card

2017年秋にUberの看板でBarclays Cardが始めたカード。レストラン4%と年会費なしに惹かれて2017年11月の半ばに申請したのち二週間後に追加書類を送るようにと手紙がきて、追加書類を郵送で送っても1ヶ月音沙汰がないのでこちらから電話したら追加書類の裏面がないとのことで裏面をFaxで送って解決。

 

 

マイアミ

 

 

飛行機

EWRからMIAまで平日の昼間のUnitedの飛行機は1人往復$200くらい。飛行時間は約3時間。EWRは30分セキュリティチェックで待った一方でMIAはセキュリティチェックの待ちなしで素晴らしいです。アメリカ国内旅行は入国審査がないのも良いです。

 

交通

ホテルがマイアミ市にあったのでMiami Beachやレンタカーの場所までLyft使いました。UberLyftを比べていつもLyftの方が安い。(特に渋滞している時)

Freeridebeeという無料で乗れる電気自動車を呼ぼうとしましたがどうやら位置情報がドライバーとうまく同期されていなくて、10分待ってドライバーが自分が指定したものと違うPickup地点に着いた後キャンセルされました。別の日に読んだらドライバーのキューが混んでいて使えませんでした。

空港からマイアミ市までLyftで$15。

 

 

天気

20-26℃で過ごしやすい。ビーチには日光浴をしてる人がしましたがホテルのプールは誰も使ってませんでした。

 

Draw bridge

マイアミ市のあちこちにもちろん開くときは歩行者も車も信号待ちです。

 

レンタカー

Hertzを使いました。マイアミ周辺の高速道路は料金所がなくてSunpassというETCのようなものに加えて、Sunpassがない車はナンバープレートが写真で撮られて後日請求されます。Sunpassはナンバープレートによるものよりも20-50%やすいです。Hertzはナンバープレートを読み取るPlatepassという仕組みで$4.95かかるそうです。

https://www.sunpass.com/rentalcar

さあいくら請求されるでしょうか 

 

Everglades National Park

Anihinga Trailでアリゲーターを4匹見れました。Mahogany Hammock Trailにも行きましたが

ハリケーンの影響で入れない場所も多くあったので公式の情報を事前に調べておいて正解でした。ボートツアー乗りたかった。

https://www.nps.gov/ever/planyourvisit/conditions.htm

 

料理

キューバ料理のレストランを一箇所試しましたが舌に合いませんでした。マイアミ市の牛角(Gyu-kaku)食べ放題平日$40が美味しかったです。

 

Remove all ads

メトロポリタン美術館は635番の部屋

メトロポリタン美術館はヨーロッパ絵画の展示エリアにある635番の部屋が良い。金属食器の質感や果物の瑞々しさが美しかったのでメモ。

f:id:suztomo:20160327044746j:image